ドライソーピング特集ページ

その輸入製品、本当に販売出来ますか?

ドライクリーニングによる色止め・ソーピング

ドライソーピング

移染や色落ちで問題になる多くの物は、染色工程の中で十分な精練が出来ていない事が原因です。

最近では、中国現地で染色された物や韓国の市場等で調達された生地で製品を作ったりする事が多く、色落ちの問題が続発しています。

石油系ドライ溶剤はもともと水の様に無色透明で、ほとんどの繊維はこの石油系溶剤で 洗う事が出来ます。

ドライソーピングとは、この溶剤で繊維上の余分な染料を洗い流してしまう方法です。このきれいなドライ溶剤に色落ちする黒いスカートを入れてみました。すると・・・


色落ち 色止めスイッチを入れて3分後に透明な溶剤がこんな色になりました。これは、余分な染料が石油の油性の力で染着力を弱められて溶け出した事によるものです。

クリーニング屋さんなら、この時点でビックリして商品を取り出してしまうんです。

なぜなら、お客様の商品が色が変わってしまうかもしれないのと、一緒に洗っている他の服に移染してしまうからです。

クリーニング業界では、こう言った事で弁償へとつながる事もあります。

しかし、私たちは色を出し切る事が目的です。ほとんどの場合、クロならクロ一色を十数枚ドライ機に入れてソーピングするのでクリーニング屋さんの様な心配をする必要がありません。もっともっと、色が出てくれなくては色止めにならないのです。

そして、さらにそれから10分のソーピングを進めていきます。


堅牢度改善洗いはじめは薄い青の染料が出ていました。色味の中で青は一番色抜けし易い色でシミ抜きでも青い色から抜けてくる事がよくあります。

今回のソーピングでも青系統から溶け出し、時間がたつごとに赤い色が抜けてそれが混ざり合い濃い紫色へと変化しているのがわかります。

赤がたくさん溶けだすと、赤ワインの色になる事もあります。こちらの写真位に色が溶けだすと、もう擦っても色移りする事はほとんどありません。

私たちは、生地検査機関が堅牢度の検査をする時と同じ試験布(マルチファイバーテストクロス)を使って色の移り方を見ているんですよ。

では、ドライソーピングテストでダメな時は・・・

その場合は、水洗機を使うしかありません。


生地によって、あるいは染色方法によってそれぞれ適切な薬剤を使ったり、薬剤の効果を最大限に引き出す水温にしたりして、テストして行きます。

たとえば、綿なら反応染料が使われている事が予測されます。発色の仕方によっては、建て染めや硫化染料反応染料も考慮に入れます。

シルクなら、酸性染料と反応染料を使って出したい色を作っている事も考えられます。

混紡の生地なら染料が効きにくい方の素材から色が出ている場合もあります。 ポリエステルなら、たいていの場合は分散染料が使われています。

ナイロンは酸性染料。アクリルはカチオン染料。

こうして、それぞれの素材に使われる染料によってそれを制する薬剤を選んでいく事になります。

こうした工程を経た製品は、水洗機を使って高温にしたりする事が多いので色が止まっても(フィックスしても)その後のプレスに大変手間がかかってしまいます。

ですから、お客様は、「そこまでお金をかけて販売できるようになってもコストが合わない」と言う事になってしまうのです。


耐光とか、塩素が悪いとか・・・
堅牢度試験に通らなければ販売できませんよね!


私たちも以前は何日も思い悩んだ挙句、結局ダメだった事もありますし、今でも悔しい思いをする事があります。

せっかくお問い合わせを頂いたのにお役にたてない時にはヘコミます。

しかし、あるお客様からお聞きした薬剤の名前を調べて取り寄せる際に製薬会社様との繋りが出来ました。

この事で、より一層本格的な色止めへの取り組 みが出来るようになりました。

海外でも染色工場に広く信頼されている製薬会社様で弊社にもお越し頂き、これからご協力いただける事になっています。

例えば電 話一本で「素材は?」「ウールです!」「そんなら、酸性染料のはずだけど、この薬でダメだったらまた違う薬を用意します!」というように、スピーディーに 次のテストが出来るのです。


残念ながら・・・・


ここまで、ドライソーピングによるソーピング、水洗機による色止め、をご説明しました。

しかし残念ながらこの工程でも色が止まらない事があります。

それは、海外で色を作る時の色合わせの段階で、染料だけでなく顔料を使って色を作ってしまう事があります。

基本的に染料が分子同士の科学的結合(反応染料や分散染料等々)によって色を形成しているのに対して、顔料は色の粒子が生地に樹脂の接着力によってくっついている状態です。

ですから、顔料による染着性は非常に不安定なものなのです。一般に顔料による染色は色が出続けると言われています。クレヨンを鍋に入れて火に掛け溶かした所に生地を入れる事を想像して下さい。

おわかりいただけたでしょうか?

色止め前・色止め後の繊維を顕微鏡で見てみると・・・


繊維の間についてる染料
色止め後 繊維が落ちた状態
色止め前、染料が繊維の間についてる状態
色止め作業後、染料が落ちた状態
色止めソーピング中 溶剤
色止め終了時の溶剤
色止めソーピング中、採取した溶剤
色止め終了後に採取した溶剤
色泣き
ソーピングによって色なきが消えた
色泣きしている状態
ソーピングによって色泣きが消えた状態


色止め・洗い・サンプル1枚~大ロットまでお受け致します

色止め・ソーピング各種堅牢度向上問い合せ
Copyright(C) PIJINC.COM All Rights Reserved.