ドライソーピング特集ページ

品質表示・洗濯ネーム作成の流れ

縫製・補修

PIJでは輸入アパレル商品の品質表示・洗濯ネームの日本語化や、オリジナル商品の品質表示・洗濯ネームの作成を小ロットからお受けしております。

生地や商品を仕入れたお店やメーカー様に組成確認できない商品などは、作成時のハギレ等があれば、そちらを検査機関に出して組成を調べる事も可能です。

ハギレが無い場合でも一枚商品を潰す破壊検査になりますが検査機関にて検査可能になります。

洗濯ラベルに記載できる内容は表示が家庭用品品質表示法で定められているものと、任意で表示できるものがあります。

こちらの「家庭用品品質表示法をご存じですか?」特集ページでは図解でご紹介させて頂いておりますのでよろしければご参照下さい。

   
 製品素材の組成を調べます。

製品に使われている素材、「表地・裏地・中綿・レース等の付属品※1」まで表示対象箇所はすべて組成を調べ、使用している繊維名称を表記します。

尚、繊維名は規定に定められた用語(指定用語)を使い表示することになっており、混用率の大きいものから順次繊維の名称を表示 します。 ※1 ボタンやファスナーは除く

繊維指定用語リストはこちら
   
 素材にあった洗濯絵表示を選びます。

縫製・補修洗濯絵表示は購入されたお客様に、製品の適切なお手入れ方法をお知らせする重要な情報で、JISで定められている6種類の取扱い方法を全て表示するのが原則でありますが、絞り方と干し方は省略しても良い事になってます。

また、絵表示の組合わせ順序は分類の番号順に左から右に並べて表示する決まりとなっております。
※2016年12月から新しいJIS L0001での表記に変更されます。

洗濯絵表示の説明はこちら


新JIS L0001 新しい洗濯絵表示についての説明はこちら

素材によって標準的な絵表示は決まってまいりますが、特殊加工等が施されている場合は、生地や商品を手に入れたお店やメーカーに正しい洗濯絵標記がどれにあたるのか確認できるのであれば確認をして下さい。
   
 警告文章や取り扱い注意の表記があるかを確認する。

タンブラー乾燥禁止等の、洗濯する際に後でトラブルにならないようにするために必要な注意書きがないか確認し、あるようであれば表記します。

付記用語は義務付けられておりませんが、洗濯絵表示で伝え切れない情報を伝えるための情報伝達手段となり、購入者様やクリーニング店様での洗濯トラブルを避ける為にも、警告文章、取り扱いに注意してもらいたい内容の文章などを表示しておく事により、より安心してお取扱いしていただけると思います。

付記用語サンプルリスト
「洗濯」 「脱水・乾燥」 「アイロン」 「クリーニング」 「取扱い」
   
 この商品を販売する際の責任を有する者の名前「表示者名」と連絡先を表記します。

「表示者の氏名又は名称」は、正式名称を用いて表示しますが、正式名称とは法人にあっては法人登記された名称、個人であればフルネームを指します。

連絡先としては「住所又は電話番号」となっていますが、住所と電話番号の両方を表示してもかまいません。

住所は都道府県名から、電話番号は市外局番から表示して下さい。
(電話番号はフリーダイヤルも認められておりますが、FAX、PHS、携帯電話は認められておりません)
   
 品質表示・洗濯ネームの素材と大きさ、印刷枚数を決める。

アウター向けならナイロン素材、肌に直接触れる場合はポリエステルサテンをお勧めいたしております。

使用するテープの巾にも何種類かありますが、よくお見かけするのは32mm巾です。

長さは印字内容によって変わってきます。

印刷枚数は小ロットから大ロットまでお受けしておりますので、ご希望の枚数をご連絡下さい。


品質表示作成未経験の方でも繊維製品品質管理士(TES)が親切丁寧にアドバイスするので安心!

縫製・補修初めての品質表示作成、この商品にはどんな絵表示が良いのか付記用語はどんな物を選べば良いの?と、お困りの方!

PIJでは繊維製品品質管理士が在籍していますので、お客様の商品にあった絵表示や付記用語のアドバイスが可能ですので、品質表示作成に不慣れな方でも安心してご依頼頂けます。


まずはお気軽にフリーダイヤルかメールでお問い合せ下さい。
品質表示作成・洗濯ネーム取り付け問い合せ
Copyright(C) PIJINC.COM All Rights Reserved.